総合国際コンサルティング


経営コンサルタント及び各種マーケティングリサーチ業務
各種イベント、セミナー、講演会の企画、製作及び実施
旅行の企画及びガイド業務
通訳及び翻訳業務
労働者派遣事業及び有料職業紹介事業
日本語学校の運営
芸能プロダクション運営
飲食店の経営
不動産の管理、賃貸、保有、売買及び仲介業務
IT関連事業
インターネット、携帯電話等のネットワークを利用した広告代理業務及び通信販売業務
食品・雑貨の海外への輸出入業務
金融取引業務
古物営業法による古物商
便利屋
ビル及びホテル等の清掃業務
中古車販売及び中古車の輸出入業務

観光事業

国内旅行
バスツアー|日帰りバスツアー|イルミネーション特集|冬のイベント・雪まつり特集|ウォーキング・ハイキング・登山|ミステリーツアー|国内ゴールデンウィーク|花火特集|大曲花火特集|日本の夏祭り特集|温泉特集|こだわりの宿特集|フルーツ狩り|秋旅特集|紅葉特集|かに特集|グルメツアー|国内フリープラン|国内年末年始特集|立山黒部アルペンルート|鉄道の旅|北海道新幹線|北陸新幹線|北海道|利尻・礼文|東北|関東|甲信越|東海|北陸|関西|京都|山陰・山陽|四国|九州|沖縄|コンサート・公演|テーマパーク|ハウステンボス特集|社会見学ツアー|現地集合・解散ツアー|歌舞伎|相撲|宝塚歌劇|劇団四季|巡礼の旅|日本の名城|日本の島旅|日本の滝特集|寺社 特別拝観ツアー特集|あっぱれ!日本一|フルムーン夫婦の旅|スキー・スノーボード|日本の世界遺産|日本の絶景|あしかがフラワーパーク特集|白川郷・五箇山特集|伊勢神宮特集|世界遺産の寺社 読売旅行特別拝観|ジャイアンツ関連ツアー|航空ショー観覧ツアー|ひとり旅・おひとり様歓迎ツアー|テーマから探す旅|助成金ツアー|国内旅行特集一覧|
海外旅行
海外年末年始特集|海外ゴールデンウィーク|
ヨーロッパ>>フランス|スペイン|ポルトガル|イギリス|ロシア|バルト三国|フィンランド|オーストリア|ドイツ|スイス|イタリア|クロアチア|チェコ|スロバキア|ハンガリー|ブルガリア|ルーマニア|ギリシャ|トルコ|コーカサス|オランダ・ベルギー・ルクセンブルク|オーストラリア|ニュージーランド|
北米>>
アメリカ|アメリカ東海岸|アメリカ西海岸|カナダ|プリンスエドワード島|ハワイ|南米・カリブ>>ブラジル|リオのカーニバル|メキシコ|ペルー|アルゼンチン|キューバ|イースター島|中東・ドバイ・アブダビ|イスラエル|ヨルダン|
アジア>>
台湾|台湾ランタンフェスティバル|香港・マカオ|タイ|ベトナム|カンボジア|インド|韓国|慶州さくらマラソン&ウォーク|中国|北京|上海・蘇州・無錫・武漢|西安|桂林・広州・張家界|武陵源|シンガポール|マレーシア|インドネシア|バリ|フィリピン|スリランカ|ブータン|ミャンマー|ラオス|ウズベキスタン|シルクロード|ネパール|モロッコ|エジプト|南部アフリカ|ビジネスクラス利用|海外フリープラン|ダイナミックパッケージ|オーロラ|エアショー観覧ツアー|世界の絶景|世界鉄道の旅|日本航空(JAL)で行く海外旅行|全日空(ANA)で行く海外旅行|カタール航空で行く海外旅行|チャーター便で行く海外旅行|仙台空港発海外旅行|米子空港発海外旅行|出雲空港発海外旅行|海外旅行特集一覧|クルーズ・船旅飛鳥Ⅱ|にっぽん丸|ぱしふぃっく びいなす|クイーン・メリー2|クイーン・エリザベス|クィーン・ヴィクトリア|コスタ・ネオロマンチカ|アジア|スーパースター・ヴァーゴ|オアシス・オブ・ザ・シーズ|ダイヤモンド・プリンセス日本発着|
世界一周|
ヨーロッパ・地中海・北欧|カリブ海|太平洋|ビギナー向け|

人材事業

国際社会の現在では国境を越えて「学び、仕事…」が当たり前になってきた現在。労働力不足の解決方法は外国人労働者を雇用することできます。しかし、外国人を雇用する際には入管法による規定があります。
弊社はより良い外国人人材を紹介するだけではなく、企業様の側に立って必要とする人材・在留資格取得の申請アドバイスなど総合的なコンサルティングをさせていただきます。
【外国人技能実習生受入】
【インターンシップ学生受入】
【就労VISA取得に伴う就職】
【留学生アルバイト】
【特殊技能所持者の就職】

学校再建事業

少子高齢化により学校の定員割れが著しくなり学生確保は学校運営の課題となります。一方で日本の文化、日本の技術を学ぼうとする外国人の学生さんたくさんいます。弊社は海外の大学と提携し厳選した入学希望者を日本の学校に学生の提供いたしております。
北海道の大学と業務提携し学生の募集活動やっております。

貿易事業

第4次産業革命の進展により、世界で取引されるデータの量は飛躍的に拡大し、その処理スピードも格段に上昇している。インターネットや携帯電話の普及は、今や新興国を含め世界の隅々まで広がっており、デジタル市場は急速に拡大している。サイバー空間は、経済のみならず、政治、安全保障など世界の人々のあらゆる側面で不可欠な領域として認識されるようになった。
世界貿易の発展は3段階に分類できる1。第1段階は伝統的な貿易の拡大であり、輸送コストの低減によって、生産された物品が国境を越えて消費地に届けられるようになった。この段階で取引される物品は主に最終製品が対象であるが、消費者は、新しい商品やより価格の安い商品を容易に手にすることができるようになった。
第2段階はGVC(グローバル・バリューチェーン)貿易であり、さらなる輸送コストの削減と各種調整コストの低減によって、企業は国境を越えて商品の生産プロセスを細分化し、それぞれの生産工程を優位性の高い地域で行えるようになった。中間財の貿易が増大し、新興国をはじめ、世界の様々な地域に広がるGVCが形成されていった。
そして第3段階がデジタル貿易であり、データや情報の移転によるアイディアの共有のコストが飛躍的に削減されたことにより実現されている。デジタル貿易の拡大によって、世界の連結性(コネクティビティ)は格段に向上し、新たなビジネスモデルの創出や生産性の向上に貢献している。
デジタル貿易の定義については、世界的に統一されたものは存在しないが、例えばOECDは、デジタル貿易とは、基本的には国境をまたぐデータの移転を前提としたものであり、消費者、企業、政府が関わる、電子的または物理的に配送される物品やサービスの貿易にかかる電子的取引を包含するものであるとの概念を紹介している2。これに従うと、デジタル貿易は、インターネットを通じた物品の売買に加え、オンラインでのホテル予約、ライド・シェアリングや、音楽配信サービスなどオンラインプラットフォームを介して提供されるサービスなどを含む。なお、OECDはデジタル貿易の取引例を第Ⅱ-1-1-1表のように分類している3。一方で、例えば米国国際貿易委員会(USITC)は、デジタル貿易を、「製品やサービスの注文、生産、配送において、インターネットやインターネットをベースとした技術が特に重要な役割を担う貿易」と定義4しており、その範囲はより広いように見受けられる。デジタル貿易には、製品やサービスなどの電子的手段による越境取引のみならず、デジタル化社会を実現するためのデジタル関連製品・サービスの貿易、デジタル関連の知的財産の保護、電気通信インフラへの投資、企業の国外での投資・サービス提供や製品輸出に係るデータの取扱いなど含む広範な論点が関係しており、各通商協定や国際枠組みにおいてデジタル貿易ルールを検討する際は、こうした広範な論点について議論がなされるべきである。