外国人労働者雇用(特定技能)

2019年4月から新しい在留資格である「特定技能」が新設されます。特定技能ビザが創設されると、これまでは一部の例外を除いて外国人が働くことのできなかった、建設業界や造船業界、宿泊業界、外食産業などで、外国人が働くことができるようになります。 受け入れ可能な業種は入管法という法律で規定されるのではなく、法務省令で定められます。 したがって、今後「深刻な人手不足である」と認められれば、法改正に比べればはるかに容易な方法によって、他の産業にも拡大していく可能性があります。


特定技能国会承認

今までの在留資格「技術・人文知識・国際業務」は働くこと可能ですが、単純作業が認められない。大学もしくは日本の専門学校を卒業しなければ在留資格申請できません。

「特定技能1号」の在留資格を取得して日本で5年間働ける(さらに、特定技能2号の試験をクリアすれば、永住権も可能です)。
「特定技能1号」の在留資格を取得するには①技能実習3年間の経験を持つ人(技能実習2号修了証)。②業種ごと指定の試験に合格した人。 これらの条件で日本の企業が雇用契約が成立すれが「特定技能1号」の在留資格が取れます。

現段階では特定技能1号の在留資格が認められるのは14業種①建設業、②造船・舶用工業、③自動車整備業、④航空業、⑤宿泊業、⑥介護、⑦ビルクリーニング、⑧農業、⑨漁業、⑩飲食料品製造業、⑪外食業、⑫素形材産業、⑬産業機械製造業、⑭電気電子情報関連産業刻な人手不足である」と認められれば、法改正に比べればはるかに容易な方法によって、他の産業にも拡大していく可能性があります。

◆技能実習3年間の経験(技能実習2号修了証)を持つ人◆   

◆特定技能評価試験を受ける◆

特定技能1号求人情報

Log In